手と指で意味が異なる|指輪や時計などのアイテムを上手に取り入れよう
Goodなアイテム情報

指輪をつける前にチェック

手と指で意味が異なる

指輪

意味があった

結婚指輪や婚約指輪はつける指が決まっていますが、ファッションリングは特に決まっていません。ですが、指輪はつける指と手によって意味が違ってきます。つけるなら指や手によってどんな意味があるか知っておくのもいいでしょう。

親指と人差し指

親指ですが、まずは右手の場合だと指導者の意味があります。リーダーシップの発揮や人をまとめることになったときに効果があると言われています。左手も同じ効果がありますが、恋愛面だと愛を貫くための効果があります。人差し指は左右どちらも集中力を保つ効果があり、勉強や仕事に集中したいときに効果を発揮します。

中指と薬指

中指ですが手のちょうど真ん中にある指で、中立かつ平行な状態へ導くと言われています。右手だと厄除けや金運アップの効果などがありますが、左手では人間関係の改善に効果があります。薬指は左手だと愛を高める効果があるので、婚約指輪と結婚指輪がつけられています。右手は緊張や不安などを解消してくれる効果があります。

小指

最後に小指ですが、小指は右手と左手では全く意味が異なっています。まず右手ですが、自分らしさをアピールする意味があります。社交性を高めたいという時に効果を発揮します。そして左手ですが、願いを実現させるという意味があります。実現させたいことがあれば、左手小指に指輪をつけてみるのもいいでしょう。

広告募集中